むたろぐ

こころ荒れ狂った休職中20代OLのはなし*表示崩れはいつかなおす。きっと。

精神的な問題による休職原因と対応策を考えてみる

休職原因 対策

仕事から離れて一ヶ月、薬を飲み始めて三週間。心身共に調子はかなり良くなってきました。毎週の精神科の診察も調子の確認で終わっていたところから、復職後再発しないようにどうしようかという話に移ってきたことで、「ああ、たしかに回復してきたんだな」と実感中です。

周囲の方のサポートのおかげである程度復活できたので、ここからは自分の力でしっかりと立ち上がらなければ…と思い、休職原因の分析と今後の対策の検討をしてみました。

同じようにメンタル疾患で休職されている方の参考になれば嬉しいです。

 

 

原因分析のフレームワーク「ロジックツリー」を使ってみた

仕事の中ではよく使われるロジックツリー。モレやダブりがないように、かつ事象や問題の要因を段階的に要素分解していける定番の手法です。

これは休職に至るまでの原因分析にも使えるのでは?ということで早速書いてみました。

その結果がこちら。

休職 原因

多。

これでもかなり絞ったつもりです。「ロジックツリーとして成立してなくない?」みたいなご指摘は心の中にしまっておいてください。(小声)

ダウンした当初、病院や会社には、ある仕事が精神的にキツかったので…という話をしていました。が、書き出してみると自分の中の問題がかなり大きかったなというのがよくわかります。

残業時間が特別多かったわけではありません。(本来基準は0時間なので、それと比べれば随分多かったですけどね笑)パワハラもセクハラも無いし、むしろ周囲の方には十分気を使っていただいていました。

にもかかわらず、このようなことになってしまったのですから、自滅だったと考えるのが当然でしょう。

環境要因への対応策

まず環境調整としてできるのは、社内での異動を希望するか転職するかの二択です。(残念ながら自分で食っていくスキルもないですし、今回休んだことで自分はまだ会社員でいたいなと思ったので、組織に属さないという選択肢は除きました。)

ロジックツリーを書いたことで、仕事内容を変え、この土地を離れるというのを直近で解決するとすれば、転職するのが最適解だろうなと気づきました。ですが、今はまだフルパワーで動ける自信がないので、「働く」ということが当たり前にできるようになったタイミングで転職を考えたいと思います。

ということで、これまで属していた部署から離れたいと会社側に伝えるというのを今日時点での結論にしたいと思います。希望言うのはタダだから。今までの自分なら絶対言えないけど、それぐらいの強かさがこれからの自分には必要なんだ。(明日には気が変わったりして)

 

体質要因への対応策

後から伺うに、初診時はうつ病を疑われていたようです。うつ病であれば脳波に異常は出ないはずということで、別の病名の可能性を消すために脳波検査をさせられたのだと思います。が、本来見られないはずの波形が出ていたということで、抗てんかん薬(躁鬱病にも使われるもの)を処方されました。

こればかりは素人の自分の判断では対応できないので、しばらく病院での指示に従って薬を飲みたいと思います。

性格要因への対応策

どうも、3つほど心理検査をし「何やっても性格に難ありだね笑」とお医者さまからお墨付きをいただいている者です。自己分析と客観的な心理検査の両方の結果を踏まえ、ロジックツリーには「神経質」「完璧主義」「自己肯定感が低い」の3つを挙げました。

本当に、これなんです。この自分の性格だけが原因で自滅したと言っても過言ではないぐらいです。特に仕事となるとこの性格がこれでもかとこんにちは😃してきます。

程々であれば強みになるのでしょうが、一度スイッチが入ってしまうとそういうレベルじゃなくなってしまうのです…ちなみにこの性格も一種の歪んだ?自己愛からくるもののようです。一人っ子にありがちとのこと。

矯正するための対策として、精神科ではアサーショントレーニングなものをしていきましょうと言われています。自分も認め、他人も認めていかないとねと。

自分では認知行動療法の本を読んでみたり、いろいろな人の思考に触れるためにエッセイを読んでみたりしています。あとは同じく精神的な問題を抱えている方のSNSを見ていることが多いです。良い意味で頑張らない自分を認めるというか、意図的に自分に優しくしようとされている方が多く、自分もそうあって良いのだと思えます。おかげさまで、この2ヶ月でだいぶ考え方は変わってきたと思います。

なかなか根本的な解決策が見つからない厄介な課題ですが、良い対策をご存知の方、ぜひ教えてください。

 

でもロジックに固執せずしなやかに生きたいという話

ロジックツリーとか書いてたら、不覚にも真面目スイッチを入れて記事を書いてしまいました…

さておき、体が仕事を拒否してしまうほど精神がやられた原因について、客観的に整理することができました。頭の中で考えていた時よりクリアになるものですね。今回「で、どうすればいいの?」という段階にまで思考を持っていけたのがよかったです。

でも、現実問題この通りに全てを実行してもきっと人生うまくいかないんですよね。

仮に希望通り転職や異動をしても、人間関係とかパワハラとか別の要因でダウンするかもしれません。二十数年間かけて頑丈に構築されてしまった自分の真面目さも、病的に神経質なところも、一方で行動できないクズである事実も、明日から突然変わるわけではありません。そもそも「これを完璧にやれば二度と同じことは起きないはずだ」と考えること自体が、反省してないやんけ!状態です。

なので、これからはこんなメンタルでしなやかに生きていこうと思います。

 

完璧な人生なんてない。

自分が考える最適解を実行して、あとは流れに身を任せる。

自分が幸せに生きていくために。

 

おわり。

ーーーーーーーー

関連記事もぜひ。

 

www.ironicalical.info

www.ironicalical.info